2018年11月20日

どハマり中

元はといえばTDA1543 LR分離 真空管I/V DACとリクロック+アイソレータボードを1ピンずれて接続して気付かず電源を入れてしまったという人為故障から。

単体でもリクロック+アイソレータボードと合わせても左chから音が出なくなったので被疑はDACとみて経路のパーツを変えたりしてみつつ状況が改善されないので最後に74HC153を新品に交換してみたら両chから音が出てめでたしめでし。

というのが単体動作で確認されたので、さてリクロック+アイソレータボードに乗せるか、と試したところうんともすんとも言わない。
単体に戻すと音が出る。

さっきまでこの組み合わせで片chとはいえ音出てなかったっけ…気のせいだっけ。

リクロック+アイソレータボードのTo DACの4本のピンの3番目がDATAだと思うのだけれども音楽を再生しても信号が出てないようにも見える。
んー、どこだろなぁ…

2FB5236D-ED6C-4259-9CCF-662D3833FC49.jpeg
posted by はうあみ at 09:22| Comment(0) | Raspberry Pi

2018年11月18日

TDA1541A S2

とっておきを。

_TDA1541A_77.jpg

ケースに入れるタイミングで使おうかと思っていたけれど、しばらく先になりそうな気がしたので。
タグ:TDA1541A
posted by はうあみ at 02:49| Comment(0) | Raspberry Pi

2018年11月14日

PMLCAPをさらに積む

カップリングコンデンサと電源部の出力用コンデンサをPMLCAP化、OPAMPはAD827SQに変更して相当にお気に入りの音となったLittle Lucy MINT CANDY 。
電源部はスペースの関係で22uFを5個並べて110uFとしたわけなのだけれど、買っておいたPMLCAPは10個。
で、真空管と真空管の隙間がちょっと気になって。

_LUCY_37.jpg

ここに積めるのか?
積んで何か変わるのか?
理論を理解していないので結果が予想出来ないのが情けないけれど、材料は手元にあって試すのは簡単に出来る、なんなら戻しも比較的簡単だろうとなると、とりあえず試してみたい…

_LUCY_38.jpg

_LUCY_39.jpg

積んでみた。
最初4つ積んで高さをみたがギリギリであと1個積めそうなので合計5個。

_LUCY_40.jpg

とりあえず蓋は閉まる。
蓋との隙間は0.5mmくらい?1mmはない感じ。

容量が2倍の220uFになった(はず)結果として、音は以前より厚くなり(?)少し艶が増えたような気がする。気が。ドライアード。
Hugo2直ではちょっとつまらない感じの音だったデレマスハイレゾ曲がえらく気持ちよく聴けるようになったのが意外なところ。
しばらく色々なソースで聴いてみる。
posted by はうあみ at 18:32| Comment(0) | 電子工作