2019年01月31日

謹賀新年

あけましておめでとうございました。

なんというか散々な感じで始まった2019年ではありますが、神社でひいたおみくじを心の支えになんとか生き延びていこうと思います。

D3127089-2611-4283-B075-83C82B48FA64.jpeg

今年初めての工作は、Lucyさんから頂いた基板を使ってLittle Lucy MINT CANDYにマジックアイ(6977 Philips)を載せること。

99A10A0A-A9F8-4952-A6FF-30516DDAF33C.jpeg

こいつに1608サイズの8.2Ωチップ抵抗をはんだ付けして

9BB723EB-B423-45EC-9627-D95D899D2B61.jpeg

72B0E55A-1096-4948-8611-0C2ED81D5E5E.jpeg

で、本当は真空管の足は基板に直接はんだ付けするのだけれど、まずはうまくいくものなのかわからないためソケット化。
これだと高さがアルトイズ缶に入らないけれど、ひとまず。

18221A05-5E68-4DD8-B952-DEA556F6B96D.jpeg

これを2個作って6977挿してと…

E046D38F-D434-4BF4-9B35-2E8DA8E44537.jpeg

うん、1本点灯しない。
点灯しない側は音も出ない。

基板を入れ替えたりチャンネルを入れ替えたりしてみたけれどこの真空管は結局点かなかった。
気を取り直してPROCOMさんで6977を2本追加で購入。

今度はOK。

94DCEFA5-EDC5-4B14-9589-9ACC56791854.jpeg

あとは足にチューブ通して絶縁して

759F78EC-DBA8-4E60-B748-4054EB14497A.jpeg

曲げて曲げて捩じってはんだ付けして。
無事完成。

17B9F0CA-33F6-4411-AD08-0BAB08783832.jpeg

3結だけど艶とアタック感があって楽しい音。
個人的にはDale機と合う感じ。
絶対的にはMullardの1AD4がいいと思うけれど、楽しく聴来たい時には全然アリかな。
posted by はうあみ at 23:13| Comment(0) | 電子工作

2018年12月28日

ジャンパ線を太く飛ばす

頼んでいた線材がオヤイデとGarrett Audioから届いたので、Little Lucy MINT CANDYの裏打ち線をかえてみた。

(1) オヤイデ 3988-22 オーディオ機器用内部配線

芯線は102SSCで、そこにXLPE絶縁を施したものらしい。

BC287328-BEA2-432B-A05A-D2106D9FDD8F.jpeg

こちらをDale機に。

B99AF5D5-509A-4B47-9860-8F07ABDAA4AD.jpeg

最初につけたのが102SSC AWG28(0.081mm^2)、次にそれを3本に増やしたので乱暴に0.081*3=0.243mm^2、そして今回AWG22(0.326mm^2)なので、雑な論では断面積が増えている計算。

音はさらに厚くなったというか、別に低域が増したわけでも高域がマスクされるようになったわけでもないしゆったりでも遅いのでもないのだけれど、語彙力が。
太くするにつれて、か細さが薄れていくという感じ。

線は太いけれどアルトイズ缶には収まる。
(ただし基板後ろの2ヶ所は缶にネジ止めしてます)


(2) Garrett Audio テフロン線 20AWG(19x32)撚り線 銀めっき 白 (WM001)
MIL規格らしい。

45BF3DC4-8DFB-43F6-9C4C-6D8D52A96458.jpeg

こちらはPRP機に。

DD9EC922-7BF6-471A-AC9C-E88DF558B51B.jpeg

あまり102SSC AWG22と見分けがつかない :D

AWG28くらいの純銀線3本からAWG20(0.518mm^2)なので断面積は増。
線種は全然違うので単純に太さでどうこうではないけれど。

純銀線から銀めっき線なので高域の伸びやシャープさは減るかなと思ったし、実際音は変わったのだけれど、ピーキーさが収まって聴きやすくなったとも言える。
銀めっきのおかげか高域のキレは残っており、PRPらしさがスポイルされているかといえばそうでもないかな、と。
このへんは好みの部分もあるので一概にこちらが上、と言いづらく、ぶっちゃけると非常に悩ましい。
あとはオヤイデの4N純銀 0.5mm フッ素絶縁単線を試すという手も。

※ちなみにまだ缶に入れてみてないので収まるかは不明


今後としてはDale機に銀めっきテフロン線を試してみる。
より締まるかな、という期待と、Dale機とPRP機の音が寄ってくるのでは、というなんとなくの危惧。
posted by はうあみ at 22:39| Comment(0) | 電子工作

2018年12月25日

ジャンパ線をたくさん飛ばす

Little Lucy MINT CANDYのボリューム・グリッド間にジャンパを飛ばす話。
ちょっと線材が細かったかなぁと思っていたが
「2本3本と増やして事実上太くする手もあるのでは」
とのアドバイスをLucyさんから頂いたので早速それぞれ3本に増やしてみた。

2FA5043E-0A03-45CE-9C79-13834BD6E3C2.jpeg

■ PRP+Telefunken+AD827SQ+純銀線3本
・音が前に
・パワフル(低音が出るという意味ではなく)
・出るところは出るメリハリある音
・キレて伸びる高域が特徴的
・それでも低域は十分に感じる(AD827SQ の音か)

■ Dale+Mullard+AD827SQ+102SSC3本
・基本の変化はPRPと同様
・かなりバランス型
・尖った音はしないが物足りないというわけでもない
・刺激的なのはPRPか?まああちらは銀線だし

という感じ。
数種類ケーブルを頼んでみたので、届いたら少し遊んでみたい。
posted by はうあみ at 22:10| Comment(0) | 電子工作

2018年12月24日

ジャンパ線を飛ばす

先日、Little Lucy MINT CANDYの作者であるLucyさんにお会いする機会を得ていろいろとお話を伺ったのだけれど、ボリュームから真空管のグリッドまでケーブルを配線するというアイデアを頂いたので、その日の帰りにオヤイデで102SSCを買って試してみた。

IMG_2556.jpg

IMG_2561.jpg

こんな感じで。もうちょっと太いケーブルでもよかったか。

PRP抵抗+Telefunken 1AD4機はこの工作で音がだいぶしっかりした(曖昧)と感じているのだけれどOPAMPのAD827SQの濃密さと相まってちょっとPRP+Telefunkenのスッキリクッキリ感が薄まった気がしてAD827JNZに戻してみた。

音はシャープになり「らしく」なったと思うのだけれども、今度はコンデンサ容量が110uFだとカリカリすぎて結構キツい。

ここは試しに220uFに増やしてやるとだいぶ良くなった。

で、しばらくそのまま聴き込んでもう一度SQに戻すとやはり濃い目なのだけれど細やかさ滑らかさは上なのでJNZの荒さ/粗さが気になるというハマり。


ボリューム・グリッド間配線については元々コンデンサ容量減らして減った低域のリカバリも期待したいカモという点から102SSCを選んでみたのだけれど、それでまったり濃い目と感じるならいっそ銀線使ってみるかと手元に少し余ってたオヤイデの純銀線をあてがってみた。


IMG_2575.jpg


今のところこの組み合わせはだいぶ気持ちよく聴けてる。

…と思ったけれど、BEST AUDIOPHILE VOICESだと非常にいい感じだけどPerfumeあたりだとちょっと聴き疲れそうというか、If you wannaの出だしの音の飛び込みでビクッとした。

やはりあえてクセを強く出す方向だとどうしても向き不向きは出てくるか。

かといって真ん中に寄せていってもつまらないというか、わざわざ2台作った意味もないわけで。


というわけで今度はDale抵抗+Mullard機の方をどうバランス取るべかというのが悩ましいのだけれど、まあそのうちオヤイデから数本ケーブルも届くのでのんびり弄ろう。

posted by はうあみ at 03:39| Comment(0) | 電子工作

2018年12月23日

AD847AQ/SQお迎え

TDA1541A LR分離 2para DACおかわりはJ-FET I/VではなくOPAMP I/Vで行ってみようかな。
と決めたのはいいがOPAMPは何にしようか結局沼か、と思っていたら、そういえばLittle Lucy MINT CANDYでAD827がすごく良かったことを思い出し、こちらでもちょっと試してみることに。
MINT CANDY用に買ったAD827は2回路なので、1回路のAD847を。AQとSQの2セットで。

D6E27DB1-B3B9-4EE1-879B-4E3ED959BA39.jpeg

_TDA1541A_78.jpg

音が聴けるのはたぶん年明けだと思うけれど。
タグ:TDA1541A
posted by はうあみ at 18:46| Comment(0) | Raspberry Pi